三国志大戦 ラフォリア

ボクシング・バイク・料理・風景写真等をとりとめとなく書き連ねます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
女性誌には「自分らしい生き方」とかいうお題目で、
30代独身を肯定するような記事がいろいろと載ってる。
それこそが先進的で現代的な生き方だと言わんばかりに。
私はそういう雑誌で編集やってたことがあるから
本当のことを書きますけど、
作ってるほうだってそんなこと信じちゃいません。
ライターともよく話しました。
「こんな心にもないことよく書けるなー」
「目的は現実逃避ですからね。
じゃなかったら30代独身女性は読んでくれないですよ」
内心、30代独身は終わってるよなぁと思いつつも、
30代独身ライフを賛美する記事を掲載する。
でもね、そういう特集を掲載すると反響がいいんですよ。
「私の生き方は間違ってなかった」とかいう読者カードが山ほど届く。
間違ってるって(笑)。
まあ単なる売れ残りに自己肯定の機会と人生への夢が与えられるし、
たとえウソの企画でも勘違いしてくれれば発行部数が上がるからいいけどね。
スポンサーサイト
テーマ:頑張れ自分。 - ジャンル:日記
ある人をとても愛していました。

でもきっと愛と呼べるほど立派なモノではなく、ただの甘えでしかなかったと思う。

今になれば幼稚な甘えを受け止めてくれた、背中を押してくれた彼女に何と言うのだろうか?

と言うよりも、あんまり成長していない私が何を言えるだろうか?

自分なりの精一杯を積み重ねてきたのではあるのだけどね~。

b2d21222.jpg
テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記
下の写真は災害救助犬の勇姿。
仕事で疲れてくたくたになっている時のわが身と比べて凹んでいます。
犬でさえこれ程凛々しい姿で頑張っているというのに・・・・・・

eccde132.jpg

私はこんな感じ。↓ダメダメです。

2781542a.jpg

テーマ:過去を振り返る - ジャンル:恋愛
僕はとても幸せだった。

1年以上付き合った彼女と結婚することになったんだ。

彼女の両親も本当に喜んでくれ、友人たちも応援してくれた。

彼女は僕にはもったいない最高の女性で、もうすっかり夢心地だった。

ただ、ひとつだけ僕を悩ませていることがあってね…。

それは義理の母になる人のこと。

彼女は元キャリアウーマンで、聡明で、美人でセクシーで、ときどき僕を誘惑するようなそぶりを見せてくる。

それが僕を気まずい気持ちにさせていたのだけど…。

ある日、義理の母から電話があって、「招待状の確認のために来ていただけませんか?」と。

家に行ってみると、彼女は独りだった。

そして僕にこうささやいたんだ。

「もうすぐあなたは結婚してしまうけれど、あなたへの気持ちが抑えられそうに無いの」

娘と結婚という人生の約束をしてしまう前に、一度だけでいい、ベッドを共にしたいって。

そう言われて戸惑い、パニックになり訳がわからなくなった。

(なんて答えたらいいんだ?)

何かを答えようにも、ショックのあまり声にならなかった。

追い討ちをかけるように彼女は言った。

「私は寝室で待ってる。その気になったらあなたも来て」

そう言い残すと魅力的な後姿は二階へと消えて行った。

僕はしばらくその場で呆然と立ち尽くしていた。

……。

やがて僕は玄関に向かい、ドアを開け、家の外へと一歩を踏み出した。

するとそこには義理の父が目に涙を溜めて立っていた。そして僕を抱きしめると言ったんだ。

「なんて喜ばしく、なんて幸せなんだ!君はこの小さなテストに合格したんだよ。

娘の夫としてこれ以上ふさわしい男がいるもんか。君はわたしたち家族の一員だ!」

その時その場所で、僕は重要な教訓を得た。

コンドームは必ず、外の車の中に備えておくのが良い、と
テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記
犬は人間のよき友として有史以前より共存してきたらしい・・・・

まあ牧羊犬だの狩猟犬だのといった生活の糧を得るためのパートナーとしての関係を築くのは、

今日の日本ではほぼ不可能で、動くおもちゃ扱いをしている人が妙に目に付きます。

犬に服をきせたり、ファッションの道具として犬を飼っている人を見るのは嫌なものですね~。

海外のニュースサイトを回っている時に下の写真を見つけたのですが、どうです?

対等なパートナーって感じがいいですよね。

ついでに言うとおっさんと犬の姿かたちも何だか似てきているんですが・・・・・・

94ac1bb9.jpg
テーマ:つぶやき - ジャンル:日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。