三国志大戦 ラフォリア

ボクシング・バイク・料理・風景写真等をとりとめとなく書き連ねます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
●主な立ち回り・技術

・槍兵の無敵槍維持…槍兵と重なるように動かし、常に槍兵の周りの敵を弾いて槍兵の無敵槍が消えない様にする技術。
連突抑止力にもなる。

象兵自身もかなりダメージを食らうので高武力象兵向き。
逆に弾いた敵が槍兵だった場合、弾かれたことによって敵の無敵槍も出てしまうので味方の騎兵の突撃が迎撃される。
突撃前の弾きには注意する事。
もぐり弾き…城内突撃の要領で攻城中の敵を下から弾き攻城ゲージをリセットする技術。

・ライン調節   …大戦1で花田勝氏覇王がハイゲンショウでこれをやった事で一気に広まった技術。
やり方は足の速さを活かし「端攻城すると見せかけて敵が出てきたら下げる」を敵陣で繰り返す。

象兵だと復活を活かして主に6枚黄布の金環三結が担当する事が多い。
阿会南と両サイドでシーソーのような動きでこれをやると相当ウザイ。
ライン調節をする利点はまず、敵が全員で攻めて来れない 。
(全員で攻めてきたら端から攻城されるので敵は誰かを向かわさざるを得ない言わば士気0の挑発)
呂布死亡時の復活時間稼ぎ、自軍が攻めあがる時に中央ライン辺りまで安全に進める事など。
何度もこれをやっていると敵も適当に城から煙出すだけになる時があるので攻城状態から下げて、すぐ敵城からの煙が消えるようなら即反転して攻城開始>
兵法連環を叩くで城に1発入れられたりする。
新しい黄布デッキの超重要技術の1つ。
スポンサーサイト
テーマ:三国志大戦2 - ジャンル:ゲーム
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hokoritoigen.blog23.fc2.com/tb.php/249-e4f476e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。