三国志大戦 ラフォリア

ボクシング・バイク・料理・風景写真等をとりとめとなく書き連ねます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕はとても幸せだった。

1年以上付き合った彼女と結婚することになったんだ。

彼女の両親も本当に喜んでくれ、友人たちも応援してくれた。

彼女は僕にはもったいない最高の女性で、もうすっかり夢心地だった。

ただ、ひとつだけ僕を悩ませていることがあってね…。

それは義理の母になる人のこと。

彼女は元キャリアウーマンで、聡明で、美人でセクシーで、ときどき僕を誘惑するようなそぶりを見せてくる。

それが僕を気まずい気持ちにさせていたのだけど…。

ある日、義理の母から電話があって、「招待状の確認のために来ていただけませんか?」と。

家に行ってみると、彼女は独りだった。

そして僕にこうささやいたんだ。

「もうすぐあなたは結婚してしまうけれど、あなたへの気持ちが抑えられそうに無いの」

娘と結婚という人生の約束をしてしまう前に、一度だけでいい、ベッドを共にしたいって。

そう言われて戸惑い、パニックになり訳がわからなくなった。

(なんて答えたらいいんだ?)

何かを答えようにも、ショックのあまり声にならなかった。

追い討ちをかけるように彼女は言った。

「私は寝室で待ってる。その気になったらあなたも来て」

そう言い残すと魅力的な後姿は二階へと消えて行った。

僕はしばらくその場で呆然と立ち尽くしていた。

……。

やがて僕は玄関に向かい、ドアを開け、家の外へと一歩を踏み出した。

するとそこには義理の父が目に涙を溜めて立っていた。そして僕を抱きしめると言ったんだ。

「なんて喜ばしく、なんて幸せなんだ!君はこの小さなテストに合格したんだよ。

娘の夫としてこれ以上ふさわしい男がいるもんか。君はわたしたち家族の一員だ!」

その時その場所で、僕は重要な教訓を得た。

コンドームは必ず、外の車の中に備えておくのが良い、と
スポンサーサイト
テーマ:どうでもいい報告 - ジャンル:日記
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hokoritoigen.blog23.fc2.com/tb.php/356-3a315d76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。